エンタメ

ドラゴン桜・岸本香役早霧せいなの本名や年齢・経歴は?演技力はうまいor下手?

スポンサーリンク

Pocket

いよいよ始まった「ドラゴン桜」待望の第2弾。

楽しみにしていた人も多いはず。

今回も出演者が話題となりそうな予感がしてならないのですが、1話目から気になったのは弁護士の岸本香役を演じている早霧せいなさん。

女性弁護士としてチャキチャキしたキャリアウーマンぶりがよく似合っていましたね!

そこで本名や年齢、これまでの経歴に加えて演技力が上手いのか下手なのか、といったことについてまとめていきましょう。

題して「ドラゴン桜・岸本香役早霧せいなの本名や年齢・経歴は?演技力はうまいor下手?」です。

 

ドラゴン桜・岸本香役早霧せいなの本名や年齢は?

4月25日からスタートした人気ドラマ「ドラゴン桜2」。

前回の時にも人気作品ということもあって出演者がかなり話題となっていましたが今回もまたまた気になるキャストを発見してしまいました。

主人公である阿部寛演じる桜木健二の法律事務所で№2の地位についているというバリキャリの岸本香。

かこいい女性弁護士の役を演じるのは早霧せいなです。

ということでまずは詳細情報をお伝えしましょう!

名前  早霧せいな

本名  千北麻倫子(ちぎた まみこ)

生年月日  1980年9月18日

年齢  40歳

身長  166センチ

血液型  AB型

出身地  長崎県佐世保市

ということで、本名がとても珍しいですね!

ファンや仲間たちからは愛称の「ちぎ」と呼ばれていますが、これは本名の千北からとったものだったんですね。

 

ドラゴン桜・岸本香役早霧せいなの経歴は?

続いては、岸本香役を演じる早霧せいなさんについて、これまでの経歴をお伝えしていきましょう。

地上波ではあまり馴染みがないかもしれない早霧せいなさん。

現在は舞台中心に活躍している女優さんなのですが、じつは元タカラジェンヌなんです。

それも伝説が残るくらいすごいトップスターなんです。

宝塚時代の経歴は、2001年に87期生として入団。

その後、宙組に配属され徐々に注目を集め、新人公演で主演を務めるなど活躍しました。

続いて雪組に配属され、こちらでも数多くの作品で主演を務め、2014年にトップスター人就任。

「ルパン三世」や「るろうに剣心」など、人気マンガを舞台化し、女性のファンだけじゃなく男性も魅了しファンを増やしていきました。

男役としては小柄ではあるものの、ダイナミックでキレッキレのダンスや人の心をつかむ演技で人気は急上昇。

さらに相手役の咲妃みゆとの掛け合いがさらに人気を加速させ、この「ちぎみゆ」コンビは平成のゴールデンコンビと呼ばれました。

そして2017年に惜しまれながら退団しました。

退団後は自身が宝塚時代に演じた「るろうに剣心」を舞台で演じることになったり、「世界ふしぎ発見!」などにゲスト出演することもありました。

退団後の主な活動は舞台が中心ですが、今回地上波ドラマのレギュラー出演は初ということで、早霧せいなさんも喜んでいるかもしれませんがファンはもっと喜んでいます!

 

ドラゴン桜・岸本香役早霧せいなの演技力は上手い?下手?

宝塚時代、男役としては恵まれた体系とは言えなかった早霧せいなさん。

でも体の小ささを感じさせないダイナミックなダンスで他にたくさん身長の大きい男役がいるなかでも見劣りすることなんてありませんでした。

むしろ目を引く存在で、トップスター就任前からかなりのファンがいたようです。

舞台ではダンスだけじゃなく演技も注力されますが、早霧せいなさんの演技は繊細で人の心にグッとくるのです。

ですが、舞台の演技は独特です。

ドラマなどでの演技力とはちょっと違ってしまうので、宝塚時代の演技だとかなり不自然になってしまいます。

ですがドラゴン桜で岸本香役を演じていた早霧せいなさんはとても自然でかっこいい女性を演じていたので舞台と演じ分けがうまいな~と思いました。

 

まとめ

今回は人気ドラマ「ドラゴン桜」に岸本香役で出演している女優・早霧せいなさんについて、本名や年齢、経歴など詳しくおつたえしました。

さらに演技力についても触れてみました。

ということで今回は「ドラゴン桜・岸本香役早霧せいなの本名や年齢・経歴は?演技力はうまいor下手?」でお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-エンタメ

© 2021 のえるの部屋 Powered by AFFINGER5